コラボレーション記念!!松嶋啓介シェフ 特別インタビュー

外国人として最年少でミシュランの星を獲得したレストランシェフ・松嶋啓介氏による「ドクターズ ナチュラル レシピ」×「ル・クルーゼ」のクレンズフードコラボコースがスタート。

キッカケとなった“クレンズフード”
食を通して、健康や美を保つ意識が高まっている今日この頃ですが、中でもクレンズフードは、特に注目を浴びているトレンド食のひとつです。つまりは、身体の中を“クレンズ=浄化”して、体質改善する食のこと。今でも腸活ブームとして、ヨーグルトや干し野菜など、腸内環境を整える食材が注目され、クレンズ“ジュース”の専門店などが話題を呼びましたが、 今ではクレンズ“フード”が注目されており、さまざまな商品が続々登場しているのです。

そんな中、予防医学を掲げる「アンファー」は、すべての人々に本当の「美」と「健康」の提供を目指すトータルエイジングケア・カンパニーで今年30周年を迎える企業。専門医師が監修するヘアケア化粧品、サプリメント、健康食品の製造・販売を行っています。2017年1月より、“食べて内側からカラダをきれいに!”を目指し、“クレンズフード”をコンセプトに、新しい食スタイルブランド「ドクターズ ナチュラル レシピ」を提案しています。

また、フランス・ニースで店を構える「KEISUKE MATSUSHIMA」は、本場フランスのミシュラン一つ星を10年連続で獲得したオーナーシェフ・松嶋啓介氏が経営する、都内にいながら本店ニースが位置する南仏・コートダジュールのように、自然体でリラックスしながらフレンチを楽しめると人気のレストランです。“旬の食材を楽しみ、その素材の味で健康になる”という松嶋シェフならではの強いこだわりが堪能できます。

そして、数ある鋳物ホーロー鍋のパイオニアであり、1925年創業と長い歴史を持つ「ル・クルーゼ」。数多くの一流シェフや料理家、一般家庭でも調理器具の“定番”として、長く愛されているキッチンウェアブランドです。使用している鋳物ホーロー鍋は、熱伝導率が高く、ゆっくりムラなく熱が入ることで、雑味は逃しながら、旨みと栄養をしっかり閉じこめるから、“素材の味をより引き立たせ”てくれます。また、お料理をよそうプレートは、耐熱性に優れているので、出来立てをアツアツのままテーブルへ。

そんな三社の「食を通して心と身体を豊かに、健康に導きたい」という強い思いが共鳴し、今回のコラボレーションが実現したのです。

身体を整える“食”とは?

今回のコラボレーションメニューを手がけた「KEISUKE MATSUSHIMA」のオーナーシェフ・松嶋啓介氏に、「身体を整える“食”」をテーマに、食と予防医学の関連性や、話題のクレンズフードに関して、話を伺ってみました。

「“食”で身体を整えるのは、実はシンプルなことなのです。旬の味覚を、素材そのものの味で楽しむだけ。それが一番の近道ですね。本当に必要な栄養素のある食材を、自然が季節に合わせて生み出してくれている。なので、それを受け入れながら調理する。美味しくいただく。それだけですね」

旬を知って自然のもので健康になるという松嶋さんのレシピには、素材の味をカジュアルに、そしてリラックスして自然を味わうこだわりが詰まっています。

「自然の味を理解すれば、摂るべき栄養素が季節にマッチングしていることが見えてきます。例えば、トマトやナスなどの身体を冷やすと言われている夏野菜。白菜や根菜類などの身体を温めると言われている冬野菜。旬の食材たちが、季節ごとに役割を果たしてくれており、身体の欲求を満たしているのです」

-そんな彼が共感した「ドクターズ ナチュラル レシピ」の魅力は何でしょうか。

「世の中的には“クレンズフード”って呼ばれているけれど、ボクにとっては、当たり前のこと。一方、今回の「ドクターズ ナチュラル レシピ」は、僕の料理を作るコンセプトに寄り添ってくれる商品だと思います。旬の味を引き立たせながら、ちゃんと素材そのものの味も美味しい。本当に、このまま食べてもイケますよ。笑」

11月17日(金)~12月28(木)の期間限定で味わえるクリスマス クレンズフードコースはこちら。
※12月22日~25日を除く

「KEISUKE MATSUSHIMA」
東京都渋谷区神宮前1−4−20 パークコート神宮前1F
TEL:03-5772-2091
営業時間:11:30~15:00(L.O. 14:00)、
18:00〜23:00(L.O. 21:00)、日曜日 L.O. 20:00
クリスマス クレンズフードコース
with ドクターズ ナチュラル レシピ&ル・クルーゼ提供期間:
2017年11月17(金)~12月28日(木)
※12月22日~25日を除く
http://keisukematsushima.tokyo/