クレンズ&プロテインレシピ Vol.4体のお掃除&代謝アップ「WOONIN流ブッダボウル」

スーパーフードクリエイターのWOONINさんが、ドクターズナチュラルレシピの人気アイテムとスーパーフードを組み合わせたスペシャルレシピを考案。体の中からキレイになれるのはもちろん、おしゃれで美味しいとっておきのひと皿をご紹介します。

SNSでジワジワ注目を集めている「ブッダボウル」、みなさんはもう試してみましたか? うつわに盛った姿が仏(ブッダ)の丸いおなかに似ているというだけで、宗教的な決まりごとなどはまったくナシ! お米やキヌアの上に、ロースト野菜や生野菜、たんぱく質をのせるだけと簡単なうえ、トッピングやソースを自分の好きなようにアレンジできるのも人気の秘密です。

今回は、クレンズ力にフォーカスした、からだのなかからキレイになれるWOONINさん流「ブッダボウル」をご紹介します。

ブッダボウル

【材料】1人分

<オイルごはん>
白米:1合
オーガニックマッシュグレーン:大さじ1
オーガニックオリーブオイル:大さじ1
天然塩:ひとつまみ

<トッピング>
さつまいも(小):1/2本
にんじん(小):1/2本
カラーピーマン:1個
なす:1/2本
玉ねぎ:1/8個
アボカド:半分
パクチー:適量

A
オーガニックオリーブオイル:大さじ2
天然塩:小さじ1/2
チリパウダー:適量
ガーリックパウダー:適量
ブラックペッパー:適量

作り方

  1. 1. 白米を炊き、ボウルなどに移して冷ます。粗熱がとれたらオリーブオイルをなじませておく。
  2. 2. トッピング用の野菜をすべてサイコロの形にカットする。アボカドは縦に薄くスライスし、パクチーは食べる分だけ葉を摘んでおく。
  3. 3. ②をボウルに移し、Aを入れてよく混ぜ合わせる。
  4. 4. 天板の上にクッキングシートを敷き、③を均一に並べ、150度のオーブンで10~15分ほど焼く。
  5. 5. うつわにオイルご飯をよそって、ローストした野菜、アボカド、パクチーをトッピングしてできあがり。

スーパーフードクリエイターのWOONINさんからのアドバイス

「穀物に含まれる食物繊維や、オリーブオイルに含まれるオレイン酸、野菜のミネラルやビタミンをバランスよくチャージすることができるブッダボウル。からだの中をお掃除しながら、代謝をアップさせることができる嬉しいレシピです。ダイエットのためにお米などの穀物をセーブする人が少なくありませんが、穀物をとると便通が促される蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発になるうえ、“気を充填する”ことができます。日常生活でのやる気や元気がアップするので、健康的に痩せるためにもぜひ積極的に取り入れてください。ちなみに、オイルご飯は熱々の状態よりも冷ご飯にしたほうが血糖値が上がりにくく、脂肪の生成を抑えることができます。ダイエット中でもしっかり食べたいときにおすすめですよ」(WOONINさん)

野菜は早く火が通るよう細かくカットするのがポイント。ご飯に梅やごまを混ぜるのもおすすめです。穀物は白米でも玄米でも何でもOK。今回のレシピで使ったオーガニックマッシュグレーンなら、いつものお米にスプーン1杯プラスして炊くだけで、キヌアやチアシード、アマランサスなど栄養価の高い雑穀類を美味しくチャージできて、とても便利。ぜひお試しください。

レシピ考案料理家

スーパーフード&ライフスタイルクリエーター/WOONIN(ウーニン)
ニューヨーク市立ハンター校卒業。2008年頃の会社員時代にローフード、スーパーフード、コンブチャなどのウェルネスフードをいちはやく日常生活に取り入れ、日本に広めた第一人者として知られる。ローフード教室R.A.W.主宰の他に雑誌、書籍のフードスタイリング、企業のカフェメニュー開発も手掛ける。著書に『美と恋に効く リアルフード& スーパーフードレシピ』(三空出版)、『まいにちスムージー100』(主婦と友社)などがある。